FC2ブログ

とんぼVSはるみち

この前コンビニに昼食のパンとおにぎりを買いに行ッた時、コンビニから出ると少し日差しが暖かくなっていました。
そしてふと自転車の方に目を移すと、ハンドルの処に一匹の赤とんぼがとまっていました。
もう冬だと思っていたけど、やっぱり世の中は秋なんだなー。としんみりしつつ、とんぼの対処法に激しく悩みました。
のんきに翅をぴんと広げて日光にそれを輝かせながら、全く動く気配のないとんぼ。しかしとんぼの方はいくつもの目で醜い僕の顔を敵意に満ちた目で見ているんでしょう。
「あのー、どいてくれませんか?」と心の中で喋る僕。しかしとんぼは僅かに首をカクカクと動かすだけ。残念ながらとんぼにテレパシー能力は備わっていないようです。
一著者死んでも撮ってやるかと思い携帯を取り出すと、急にとんぼが写真を撮らせまいというように飛びました。ああよかったと思って携帯をしまうと、とんぼは再びそこにとまっていました。
……とんぼの眼が、無数の眼がこちらを見て我っている気がする。「どうした? 虫も追い払えない軟弱者め」とんぼは背中を向けながら、そう言っている気がした。

コンビニの点在する公道に、暖かい日差しが降り注ぐ。

長袖だから、暑い。

コンビニからおっさんが出てきて俺の事を変な目で見ながら去ってゆく。

殆ど物音もせず、静かなものだ……。

「さあ、かかってこいよ」背中で語るとんぼ。

なら行ってやろうではないか……。

脚を思い切り振り上げ……。



スタンドの鍵を外した!




「今日のところはこれ位にしておいてやるぜ!」と言いながら青空に消えてゆく赤とんぼ。そうだ。俺は勝ったんだ! あーはっはっはっはっは!

……急がないと遅刻する!



-----



 ゲームの話。

もうそろそろこの順番変えようかななーなんて思ってます。ゲームの話から始めた方がいい感じに終われそうだし……。でもだとしたら切り替えは「現実の話」? なんだかそれもぎこちない。

最近はレベル上げをしていない代わり(?)によくヴァンレオンに行ってます。この前も書いたように、今は籠手を強くする事にだけ集中しています。

毎時4キャラで投擲10%をドロップするおキツネ様周ったり(現在までに投擲書二枚、ファミリア一枚ドロップ)……、

ファムでの負担を低減するために無課金でで器用さ最大まで上げようとしてたり(現在55Lv)……、

そしてレシピ買っちゃったので玉の欠片をレシピで作れる最大五個分の100個集めようとしていたり(現在11個)……。

まだまだ先は長そうです。

幸いな事に大きなギルドに所属させてもらっているのでレオンなんかの大型ボスも倒せるに足りる人数を集めることは出来るんですが、それでもやっぱり集まりづらい。100個っていうのは最終的な目安でそこを目指してるわけではないですが、玉が一個作れるだけの材料である欠片20個を集めるのも大変です。
それに毎回誘って集められるわけではないし、人数がいないと時間がかかるだけでなく死にゲーと化すレオンだから人が集まらなかったら参加してくれるはずだったみんなにも謝らなきゃいけないし、結構ログインしてる人の状況や場合なんかを鑑みて誘わなきゃいけないから、案外神経使うんですよ……。
何度も失敗しまくってると「またこいつは行けもしないレオンにみんなを引きずりこもうと思ってるのか」なんて思われる事も避けたいですし……

と、娯楽である蓮のゲームで何故か神経をすり減らしていると、誰かから宅配物が。
あ、花蓮さんからだ。

花蓮さん


背後に天使の見える美しい笑顔の花蓮さん(右)と、なんだか病気みたいな色をしている俺(左)


花蓮さんは頻度的にはいちばんレオンに参加してくれてる人で、ギルドのアイドルです(`-ω-)b
彼女もまたレオンに行く意味のある人間で、一緒にメダルをとってサブの装備を揃えよーって感じでいつもついてきてくれます。
そんな花蓮さんから送られて来たのはヴァンレオンの魂のかけら一つ。

……嬉しかったです。
あ、いや、他にどうとも思わなかったからただ嬉しいとしか言えないわけじゃないですよ! 大体そんな事ブログに書きませんって!

自分で言っといて何なんですけど多分僕ってギルド内でもかなり評判悪い方だと思うんですよ。毎回必死になりながら空回りするレオン勧誘をしていたり、たまに無計画にレッツゴーして何度か人を死なせてしまったり……。
それに空回りしているのはチャットでも同じで、どうしてもみんなと楽しく喋りたいという気持ちが変な方向に行ってしまうのか、特に答えても楽しい話にならないつまらない事を連呼してしまったり、口を滑らせて迷惑発言をしてしまったことも何度か……。
すべて自分で招いてしまったことだと最近分かってきたんですが、果たしてこのギルドに僕の仲間はいるのか……。なんて思っていた矢先のプレゼントです。
嬉しくないわけ無いじゃないですか。
もう、はっきり言ってアイテムの種類なんてたいして関係ありません。自分がギルド内で欲しい欲しいと連呼していたアイテムをプレゼントしてくれたんですから。
変な話、それだけで十分なんです。

この前140籠手がユニークの総ダメ20%でIYHなんて言ってましたが、正直言ってあれなんかより断然嬉しかったですよ。
だってそこには人のあたたかみがこもっていますから。

ゲームごと気でなにブルーになってんだって感じですが、少し落ち込んでいた僕の心を少し、埋めてくれた出来事でした。

 おわり。
スポンサーサイト

前世の記憶に導かれて

こんな醜い男は本当のはるみちじゃない。
君はもっと美しい人間だ・・・。
ちなみにこのコメントを書いたのは、僕が赤の他人だからで、特に意味はないんだ。
「忠告」は書いておくつもりだよ。
ふふ、面白いだろ?
とにかく、このコメントは君に対する忠告だ。君とギルドの溝、それを埋めるにはもっと自分を知ることだよ。いいね?

おりこうさんだよボーイ。歌をおくろう

     みんなのやさしさが目にまぶしいね
         このまがまがしい白さは
                君に自身の嫌悪の記憶をよみがえらせる


そ の 記 憶 を 乗 り 越 え ろ
           
           放課後のジョーカー
非公開コメント

プロフィール

はるみち

Author:はるみち
サーバー:さくら→かえで

怪盗はるみち:ナイトロード
メインの子。ファーストキャラで一番頑張ってる。

怪盗ふゆみち:デュアルブレイド
サブの子。元々は投げのお下がりを着せていた。けっこう楽しい。

撲殺ぱらみち:パラディン
HP極パラディン。元々はバインド要員だった。今はHPを強化しまくる狂戦士。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
きてくれたひと
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
オンラインゲーム
3252位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メイプルストーリー
223位
アクセスランキングを見る>>